注意したいサイン|女性の薄毛の悩みをカバーする髪型とは【トラブル解消術】
beautifulsmile

病気の症状となる目のクマに注意をしましょう。

注意したいサイン

目元

セルフチェックを

顔の部位の中でも、目元は身体や精神の健康状態が現れやすいところです。目だけではなく、まぶたや涙袋といった目の周辺の肌の状態にも不調は出やすいといえます。とくに、目のクマは血液の健康状態と深く関わってきますから、注意してチェックするべきポイントになります。目のクマがはっきりしてくると、老けて見えたり、不健康に見えたりします。印象も大きく変わってきますので、人間関係も影響が出てくる場合があるでしょう。寝不足や身体の調子が悪いときには、とくに目のクマは目立ちやすい傾向にありますので、健康のバロメーターともいえる存在かもしれません。明るいところで鏡を見て、日々チェックしていきたいものです。

種類を知る

目のクマには、大きく分けて三種類あります。血液の流れがスムーズではない人が多い冷え症タイプは、クマが青く見える傾向があります。また、老化現象で肌がたるんでできるクマは、色が黒く影のように見えるでしょう。そして、同じように老化現象でもシミが蓄積して茶色くくすんで見えるクマもあります。それぞれクマの原因がわかれば対応策があり、症状を改善させていくことも可能です。しかし、中には原因がわかりにくく、治りづらいクマもあります。そうしたクマは、他の病気が原因で発症している可能性が高いですので、専門医に相談してみましょうクマがサインとなって現れる病気としては、うつ病や血液循環に障害をもたらす病気、甲状腺に関する病気などが挙げられます。こうした病気であれば、適切な治療が必要になります。なかなかクマが治らない場合や、クマが気になる場合は、勝手な自己判断はしないで、一度診察を受けてみることも大切です。

改善策は

色素沈着している場合は、美白ケアを入念に行なうようにしましょう。セルフケアでは過度な力を入れてマッサージをしたりしないことが大切です。摩擦によって、さらに色素沈着が悪化してしまいます。また、加齢によってコラーゲンが不足するとたるんでクマができやすくなりますので、コラーゲンを増やすサプリメントや化粧品を使ってケアしていくことが有効です。あとは、冷え症などの体質改善を心がける生活にシフトしていくことも重要です。運動と食事と睡眠に気を配って、身体を冷やさないような生活を送っていきましょう。